転職活動を始めよう

一度就職すると、一生その場所で働く、というのがかつての日本では一般的な考え方でした。
これは自分を雇ってくれたことに対する恩義がある、ということもありましたが、背景として「終身雇用制度」という担保があったこともポイントと言えます。自分から辞めなければ、一生が補償されている、ということから自分で転職を選ぶ人が少なかったのです。

しかし、昭和と共に終焉を迎えたバブルの崩壊は、日本の古きよき企業体制というものを破壊しました。
現在では、終身雇用制度、という物自体が機能しなくなってしまっています。業績が悪化すれば、いつリストラされてもおかしくない時代になってしまいました。
そうなってしまった以上、社員もいつまでも沈みゆく泥船にしがみつく必要はなくなりました。恩義はあれども、自分の身を処す方法として転職というものが重要になってきているわけです。

ただ、風潮こそ変わりつつあるものの、今なお転職が簡単に行えないものであることは変わりません。そもそも長く就職が難しい時代が続いており、新卒よりも条件が難しい転職というのはタイミングを見計らって行う必要があります。
では、どのようなタイミングで転職を考えるのが最も良いのでしょうか?

転職活動を開始するタイミングは、大きく2つに分類できます。
一つは「今の仕事をやめてから転職活動をする」というもので、もう一つは「今の仕事を続けながら転職活動をする」というものです。両者にメリット、デメリットがあります。