辞めてからの転職

逆に、現在の仕事を辞めてから転職をする場合のメリットやデメリットについて紹介します。
まず、働きながらの転職と違って、転職が決まるまでの間の収入が途切れてしまう、というデメリットがあります。
十分な貯蓄があるのであれば問題はありませんが、なかなか転職が決まらないと資金的な問題が発生してしまうことも少なくありません。転職活動を行なうのにも交通費などが掛かり、出費は大きいという点に注意が必要です。

この収入がない時期の焦りによって、転職先を妥協してしまうことも少なくありません。折角転職をするのに、退職をした会社よりも良いところに出来ないのでは意味がなく、本末転倒になってしまいます。

逆にメリットとしては、一度区切りを付けることで落ち着いて今後について考える事ができる、ということが挙げられます。
激務などが理由で不安を覚えて転職を考えている、という人は、こうして落ち着いて考える時間を設けることが重要になります。

さらに、会社によっては転職活動に対して否定的であり、協力が望めないことがあります。こういった場合には、消極的理由にはなりますが、辞めてからの転職の方がプラスになることが多いでしょう。
協力が得られる職場ならば、働きながらの方がメリットは大きいと言えます。